大阪のICLクリニックはどこがいい?

多根記念眼科病院(大阪)のICLはどう?費用や医師の実績など調べてみた

大阪でICLを受けたいと考えている方なら多根記念眼科病院をご存知の方も多いはず。

多根記念眼科病院(大阪)では後房型フェイキックIOLであるICLと前房型フェイキックIOLに対応。実際に多くの方の視力回復に貢献してきています。

今回は大阪の多根記念眼科病院について詳しく紹介します。

多根記念眼科病院のICL費用

クリニックのICL価格

レンズ種類 費用(税込)
ICL乱視なし 660,000円
ICL乱視あり 770,000円

上記の価格には、術前検査料、ICLレンズ代金、手術施行料、手術後3カ月の定期検診、手術の薬代を含んでいます。

適応検査費:11,000円 

多根記念眼科病院の特徴は?

カウンセリングする医師

レーシックがダメでもICLがある!?

ICLレンズ

日本で行われている視力矯正術といえばレーシックを思い浮かべる方が多いでしょう。

ただしレーシックは、眼の状況によっては施術が受けられないケースもあります。適応外と診断されてレーシックをあきらめる方も少なくありません。

しかし、そんな方でも受けられる施術が後房型フェイキックIOLであるICLです。

ICLは白内障治療で使用するレンズと同じ人工レンズを用いた視力矯正術。ICLは特定の研修を受けた施設のみが実施できるため、日本ではまだまだ導入クリニックが限られています。

しかし多根記念眼科病院は、2種のフェイキックIOL施術(虹彩と水晶体の間にある前房/後房にレンズを入れる方法)が受けられます。

レーシックがムリだった方も多根記念眼科病院に話を聞きに行ってみましょう。

ICL施術方法や流れ

「多根記念眼科病院」では、「フェイキックIOL」の施術の流れや料金をHPで明確に公開しています。そのため、計画的に治療に臨むことが可能です。

治療の流れは、

  1. 適応検査
  2. 2回の術前検査
  3. 虹彩切開術
  4. 施術後診察
  5. レンズ挿入施術
  6. 術後診察

と複数日に分けて実施され、手術にかかる費用は前房型・後房型ともに同じです。

またICLは近視に加えて遠視・乱視にも有効であるほか、角膜を削らないぶんレーシックよりも術後視界のクオリティが高いです。

さらにレーシックと異なり(レンズを取り出すことで)視力を施術前の状態に戻すことができるなどといったメリットも期待可能。

大阪でICL施術を技術の高い医師に受けたいなら多根記念眼科病院もありでしょう。

白内障治療で実績豊富なので…

医師と看護師と病院

ICLは、レーシックのように角膜を削るのではなく、人工のレンズを眼に挿入することによって、視力機能を高めるというもの。いうなればコンタクトレンズを眼のなかに入れる感覚です。

なお、このICLに用いられるのは、“白内障の手術”に使うのと同じようなレンズ。白内障治療との共通点が多い施術方法だと言えます。

つまり、白内障治療における実績が高い病院ほど、ICLにおいても高いクオリティの施術が望めるということ。

だからこそ、白内障治療において高い定評のある「多根記念眼科病院」でICLを受けるのは、ひとつのメリットだといえるでしょう。

多根記念眼科病院データ

多根記念眼科病院の外観

住所 大阪府大阪市西区境川1-1-39
アクセス ・JR環状線又は地下鉄鶴見緑地線 大正駅より徒歩8分
・大阪メトロ 大阪ドーム前千代崎駅より徒歩8分
・阪神なんば線 九条駅2番出口より徒歩8分
受付時間 月~金 8:30~11:00/13:30~15:30(予約のみ)
土曜は第1.3.5週のみ 8:30~11:00
休診日 土曜午後、日曜
電話番号 06-6581-5800
駐車場 あり(有料)
院長 櫻井 寿也

多根記念眼科病院の詳細はこちら

error: Content is protected !!